ホームへ

レーザー研究グループの修士論文題目


平成16年度
電子デバイス工学専攻(指導教官:前田三男教授、興 雄司助教授)


 ・青紫−緑領域用有機導波型分布帰還色素レーザーチップの開発 (佐藤 仁)

 ・擬似縦励起法による分布帰還固体色素レーザーの開発とその動作制御 (井手 将二)

 ・導波型分布帰還固体色素レーザーの熱光学的制御 (宮脇 正太郎)

 ・レーザーブレイクダウン分光法による飛来黄砂の成分分析 (伊集院 瑞紀)

 ・出力変調機構を統合した導波型第二高調波デバイスの提案と評価 (大西 謙太)

電気電子システム工学専攻(指導教官:岡田龍雄教授)

 ・CO
2レーザー生成プラズマのEUV発光特性 (秋永 浩二)

 ・
OCT用広帯域ファイバーラマンレーザーの開発とその評価 (仲村 忠司)

 ・Er:Ce共添加フッ化物ファイバーレーザーの開発 (長岡 啓)


平成15年度
電子デバイス工学専攻(指導教官:前田三男教授、興 雄司助教授)


 ・レーザーアブレーションを用いた分光および分光分析に関する研究 (中村 大輔)

 ・導波型分布帰還固体色素レーザーとその縦励起動作に関する研究 (田中 敬史)

 ・導波型周期分極反転LiNbO
3による擬似位相整合第2高調波発生とその評価法 (徳久 聡)

 ・導波型分布帰還固体色素レーザーの広帯域発振に関する研究 (阿部 亜紀)

電気電子システム工学専攻(指導教官:岡田龍雄教授)

 ・希土類共添加フッ化物による広帯域波長可変ファイバーレーザーの開発 (永松 和洋)

 ・ パルスレーザー堆積法によるLiNbO
3光導波路の作製と評価 (郡司 壮一郎)

 ・レーザーアブレーションによる凝縮ナノ微粒子支援ZnOナノ構造体の作製 (Agung Budi Hartanto)


平成14年度
電子デバイス工学専攻(指導教官:前田三男教授、興 雄司助教授)


 ・分布帰還プラスチック色素レーザーの縦励起化と熱ー光学的波長掃引(古川 大介)

 ・集積型DFBプラスチックレーザーとその近赤外分光応用(古川 明)

 ・導波型周期分極反転ニオブ酸リチウムを用いた青色及び緑色コヒーレント光源(岡田 康秀)

 ・パルスレーザーデポジション法による光導波路デバイス用LiNbO
3薄膜の作製(志水 洋平)

電気電子システム工学専攻(指導教官:岡田龍雄教授)

 ・レーザー生成プラズマによるEUV光源の開発に関する研究(田中 博樹)

 ・ファイバーラマンレーザーを用いた広帯域光源の開発とOCTへの応用 (都知木 恵)

 ・レーザーアブレーションによる凝縮ナノ微粒子支援ZnOナノロッドの作製(川上 満久)


平成13年度
電子デバイス工学専攻(指導教官:前田三男教授、興 雄司助教授)


 ・レーザーアブレーション原子蛍光分光法による固体表面ナノスケール分析(肥後谷 崇)

 ・2光束干渉型分布帰還による導波型プラスチック色素レーザーの広帯域化(麻生 紘司)

 ・レーザー分光用マルチストライプ導波型分布帰還固体色素レーザーの開発(宮本 伸一)

 ・熱レンズラマン分光法による大気中微量ガス検知(畑田 章宏)

電気電子システム工学専攻(指導教官:岡田龍雄教授)

 ・希土類元素添加フッ化物ガラスの蛍光特性及びフッ化物ファイバーレーザーの開発(亀林 淳)

 ・レーザーアブレーション法によるCe:YIG薄膜の作成と薄膜堆積プロセスの計測(田代 裕子)


平成12年度
電子デバイス工学専攻(指導教官:前田三男教授、興 雄司助教授)


 ・レーザーアブレーションプルーム中のナノ微粒子凝縮過程のレーザー画像分光計測(印丸 貴大)

 ・パルスレーザーデポジション法によるLiNbO3薄膜の作製と特性評価(宇野 暢一)

 ・赤外域光パラメトリック発振器の開発とその動作解析(齊藤 浩二)

 ・分布帰還を用いた集積型固体色素レーザーのマルチストライプ化(苣木 雄一)

 ・非線形ラマン分光法のレーザーレーダーへの応用(中園 信一郎)

電気電子システム工学専攻(指導教官:岡田龍雄教授)

 ・レーザー加熱高圧 Ar プラズマの生成と真空紫外 Ar2エキシマー発光特性(日山 貴司)

 ・Ce, Er 共添加フッ化物ガラスを用いた 1.55μm帯可変波長ファイバーレーザーの開発(福江 啓)

 ・周波数上昇変換縮退四波混合法を用いた赤外レーザー画像分光計測法の開発(川口 範人)


平成11年度
電子デバイス工学専攻(指導教官:前田三男教授、興 雄司助教授)


 ・レーザーアブレーション分光法による固体中の高感度元素分析(石井 啓之)

 ・光パラメトリック発振器による1.67μm帯メタンライダーシステムの開発(工藤 務)

 ・新方式のラマン利得および熱レンズラマン分光法による微量ガス検知(野中 勇児)

 ・レーザーアブレーション法による光電圧・電流センサー用薄膜の作製(八尋 文明)

 ・導波型分布帰還固体色素レーザーの高効率化と多波長化に関する研究(吉浦 豪)

電気電子システム工学専攻(指導教官:岡田龍雄教授)

 ・パルスレーザーデポジション法による光機能性薄膜の作製と特性評価(後藤 聡志)

 ・希土類元素共添加によるEr添加フッ化物ガラスの蛍光特性改善とファイバーレーザーへの応用(吉村 友志)


平成10年度
電子デバイス工学専攻(指導教官:前田三男教授、興 雄司助教授)

 ・Cr3+:LiSrAlF6レーザー及び周期的分極反転LiNbO3を用いた波長可変レーザー光源の開発(城戸崎 昌弘)

 ・レーザーアブレーションを用いたナノ微粒子生成過程のレーザー分光計測(坂本 一平)

 ・縮退四波混合分光法と周波数上昇変換を組み合わせた赤外画像レーザー分光計測システム(樋口 豊)

 ・構造型分布帰還導波路色素レーザーの開発(山下 治)

電気電子システム工学専攻(指導教官:岡田龍雄教授)

 ・レーザーアブレーション原子蛍光分光による固体表面での元素定量分析(田岡 和芳)

 ・新方式の非線形ラマン分光法による大気圧下の微量ガス検知(高藤 潤哉)

 ・1.67μm帯の差分吸収ライダーによる漏洩メタン検知システムの開発(吉兼 昇)



平成9年度
電子デバイス工学専攻(指導教官:前田三男教授、興 雄司助教授)

 ・新方式の光音響およびコヒーレント反ストークスラマン分光法による高感度ガス検知(阿部 宜輝)

 ・赤外線差分吸収ライダーを用いた大気中漏洩メタンのリモートセンシング(生田 光輝)

 ・集積型色素レーザーを用いた超短パルス光発生デバイス(大野 克哉)

 ・レーザーアブレーション原子蛍光分光法による固体表面近傍の元素分析(野村 拓望)

 ・Cr3+:LiSrAlF6レーザーのファイバーグレーティングによる狭帯域化(パールハット フセイン)

 ・レーザーアブレーション生成Siナノ微粒子の挙動とその制御(村本 准一)

電気電子システム工学専攻(指導教官:岡田龍雄教授)

 ・パルスレーザーデポジション法とレーザー誘起転写法による薄膜作製(奈須 徹)

 ・周波数上昇変換を併用した赤外画像縮退4波混合法の開発(森下 弘靖)


平成8年度
電子デバイス工学専攻(指導教官:前田三男教授、興 雄司助教授)


 ・集積型色素レーザーにおける超短パルス光発生(今村 勝見)

 ・レーザー分光法を用いた大気圧下における可燃性ガスの高感度検知(小川 隆)

 ・レーザーアブレーション原子蛍光分析法によるナノスケール固体表面分析(松永 健司)

電気電子システム工学専攻(指導教官:岡田龍雄教授)

 ・パルスレーザーデポジション法を用いたBaTiO3薄膜の作製と特性評価(甲斐原 博志)