ホームへ

レーザー研究グループの卒業論文題目


平成16年度
電気情報工学科(指導教官:前田三男教授、岡田龍雄教授、興 雄司助教授)

 ・変換効率変調機構を有する周期分極反転ニオブ酸リチウム導波路の基本特性解析 (岡口 貴大)

 ・分布帰還プラスチック色素レーザーのパルス印可型熱光学的屈折率制御 (真田 晃一)

 ・雰囲気ガス中におけるレーザーアブレーション原子蛍光分光分析法の数値解析 (木村 真幸)

 ・携帯型高出力ブルー・グリーンレーザーの開発 (大賀 達夫)

 ・
Er:Ce共添加フッ化物フェムト秒ファイバーレーザーの開発 (奥薗 徹)

 ・
レーザーアブレーションによる紫外発光素子用ZnOナノ構造体の作製 (上田 実)

 ・OCT用広帯域Ti:サファイアレーザー励起ファイバーラマンレーザーの開発 (竹本 尚史)


平成15年度
電気情報工学科(指導教官:前田三男教授、岡田龍雄教授、興 雄司助教授)

 ・Nd:YAGレーザーを用いた黄砂中元素のレーザーブレイクダウン分光分析 (高山 章)

 ・導波型分布帰還プラスチック色素レーザーにおける擬似縦励起の解析 (小川 幸徳)

 ・発光性有機分子を用いた分布帰還型固体レーザーの開発 (小渕 剛)

 ・パルス印加型熱光学効果による分布帰還プラスチック色素レーザー波長変調 (板東 紘輝)

 ・ 導波型周期分極反転LiNbO
3を用いた新方式変調デバイスの設計(坂口 直)

 ・パルスレーザー堆積法によるLiNbO
3光導波路の低損失化 (高司 旭)

 ・CO
2レーザー生成Xeプラズマからの極端紫外光発生特性 (松本 篤史) 

 ・ファイバーラマンレーザーを用いた広帯域光源の開発  (松永 多佳子)


 ・ レーザーアブレーション法を用いた各種ZnOナノ構造体の作製(川島 航)


平成14年度
電気情報工学科(指導教官:前田三男教授、岡田龍雄教授、興 雄司助教授)

 ・縦励起法による導波型分布帰還プラスチック色素レーザーの開発 (井手 将二)

 ・光ファイバー結合非線形結晶導波路による半導体レーザーの第二高調波発生 (大西 謙太)

 ・構造型分布帰還プラスチック色素レーザーの赤外域への広帯域化 (佐藤 仁)

 ・ファイバーラマンレーザーのOCT光源への応用 (仲村 忠司)

 ・Er, Ce共添加フッ化物ファイバーを用いたファイバーレーザーの開発 (長岡 啓)

 ・TEACO
2レーザーを用いたレーザー生成プラズマ発生装置の試作 (秋永 浩二) 

 ・
レーザーブレイクダウン分光法による黄砂中の重金属元素の検知 (伊集院 瑞紀)


平成13年度
電気情報工学科(指導教官:前田三男教授、岡田龍雄教授、興 雄司助教授)

 ・縦励起型集積型分布帰還固体色素レーザーの開発(三好 佳奈子)

 ・近赤外分光法によるポリメタクリル酸メチルの重合過程モニター(阿部 亜紀)

 ・レーザーアブレーション法を用いた原子化効率の計算(中村 大輔)

 ・パルスレーザーでポジション法を用いたZnO薄膜及び微粒子作製とプロセス計測(Agung Budi Hartanto)

 ・Er, Ce共添加フッ化物ファイバーリングレーザーの開発(永松 和洋)

 ・レーザーアブレーション法によるCe:YIG薄膜の作製と光磁界センサーへの応用(郡司 壮一郎) 

 ・導波型周期分極回転LiNbO
3を用いた疑似位相整合第2高調波の発生(徳久 聡)


平成12年度
電気情報工学科(指導教官:前田三男教授、岡田龍雄教授、興 雄司助教授)

 ・パルス赤外レーザーを用いた画像分光法の開発(都知木 恵)

 ・光リソグラフィー用F2レーザーの狭帯域化シミュレーション(田中 博樹)

 ・希ガス雰囲気中のレーザーアブレーションによるZnO薄膜の作成(川上 満久)

 ・全固体紫外レーザーシステム用828nm帯出力光パラメトリック発振器(岡田 康秀)

 ・集積アレイ型可変波長固体色素レーザーの開発(古川 大介)

 ・レーザーアブレーションを用いたLiNbO3薄膜の作製と特性評価(志水 洋平)


平成11年度
電気情報工学科(指導教官:前田三男教授、岡田龍雄教授、興 雄司助教授)


 ・レーザーアブレーション法によるCe:YIG薄膜の作製と光電流センサへの応用(田代 裕子)

 ・周波数上昇変換を用いた縮退四波混合法による赤外画像レーザー分光計測システムの開発(丸谷 康臣)

 ・Er+希土類共添加フッ化物ガラスの蛍光特性とファイバーレーザーへの応用(吉岡 昌男)

 ・回折格子構造を持つプラスチック導波路作製と分布帰還固体色素レーザー(麻生 鉱司)

 ・レーザーアブレーションによる土壌中Cr元素の高感度検知(家令 稔)

 ・熱レンズラマン分光法による大気中の水素ガス検知(畑田 晃宏)

 ・メタンライダー用1.67μm帯光パラメトリック発振器の高効率化(肥後谷 崇)


平成10年度
電気工学科(指導教官:前田三男教授、岡田龍雄教授、興 雄司助教授)


 ・レーザーアブレーションプルーム中のシリコン及び鉄原子の空間分布計測(印丸 貴大)

 ・パルスレーザーデポジション法で作製したTi:サファイア薄膜の特性と微粒子除去(宇野 暢一)

 ・周波数上昇変換を用いた赤外画像計測システムの開発(川口 範人)

 ・1.67μm帯メタンライダー用光パラメトリック発振器の開発(齋藤 浩二)

 ・周期的分極反転LiNbO3を用いた中赤外光源の開発(重藤 健)

 ・導波型分布帰還色素レーザーの波長領域拡大に関する研究(苣木 雄一)

 ・波長同調を必要としない光音響ラマン分光法及び誘導ラマン利得分光法(中園 信一郎)

 ・レーザー加熱高圧Arプラズマの真空紫外発光特性(日山 貴司)


平成9年度
電気工学科(指導教官:前田三男教授、岡田龍雄教授、興 雄司助教授)

 ・縮退四波混合法により発生した画像信号の周波数上昇変換(永倉 太一郎)

 ・CW Cr3+:LiSrAlF6レーザーを用いた可変波長和周波混合(藤田 志郎)

 ・1.67μm帯差分吸収メタンライダーの動作解析(工藤 務)

 ・紫外レーザーアブレーションによる固体表面微量元素分析(石井 啓之)

 ・可変波長レーザーを使用しない光音響ラマン分光法による高感度ガス検知(野中 勇児)

 ・可飽和吸収色素を混合した集積型色素レーザーの作製と短パルス化(吉浦 豪)

 ・レーザーアブレーションプルーム中のSiナノ微粒子の可視化計測(後藤 聡志)

 ・光ファイバー増幅器用フッ化物ガラスの蛍光特性評価(吉村 友志)

 ・メタンライダーのための波長1.67μm光パラメトリック発振器の開発(新町 哲哉)


平成8年度
電気工学科(指導教官:前田三男教授、岡田龍雄教授、興 雄司助教授)


 ・メタンガス検知のための赤外光パラメトリック発振器(大兼久 耕司)

 ・レーザーアブレーション発光分光法の波長依存性(小野 純嗣)

 ・ファイバーグレーティングを用いたCr3+:LiSrAlF6レーザーの狭帯域発振(城戸崎 昌弘)

 ・レーザーアブレーションを用いたSi微粒子生成過程の画像分光計測(坂本 一平)

 ・ArFレーザーアブレーション原子蛍光法による固体表面の微量元素分析(田岡 和芳)

 ・新方式の光音響ラマン分光法を用いた可燃性ガス検知器(高藤 潤哉)

 ・導波型分布帰還色素レーザーにおける超短パルス光発生(山下 治)

 ・差分吸収ライダーによる漏洩メタンガスの遠隔検知システム(吉兼 昇)